iSCSIでWindowsからも使える

iSCSIでWindowsからも使用できる

DRBDはLinux OSに限定して使用できるソフトウェアですが、DRBDの特徴を活かすソフトウェアとして「iSCSIターゲット」があります。iSCSIターゲットとしてDRBDデバイスをSANストレージとして公開することにより、Windows系OSやMac系OSからでもDRBDの可用性の高いストレージを使用することができます。

これはDRBDがブロックデバイスとして動作することで、NTFSやFAT等Windows系OSで使用しているファイルシステムでも問題なく使用できる特徴から実現されるものです。

これにLinux-HAのハイアベイラビリティ環境を組み合わせることで、可用性の高いiSCSI SAN ストレージサーバを構築することが可能になります。

DRBD+Linux-HA+iSCSIターゲットの構成図

iSCSIターゲットの構成図