+0 - 0  by

Pacemakerクラスタのアップデート

Pacemakerで構築したクラスタ環境について、「クラスタ環境アップデート」と「ローリングアップデート」の概要について紹介します。

Pacemakerとは

Pacemakerは、一連のマシン間で関連する「サービス起動」と「サービス復旧」をコントロールするためのクラスタソフトウェアです。

Pacemakerの概要については、こちらも参照ください。

→クラスタ構成ソフトウェア「Pacemaker」と「Heartbeat」「Corosync」の関係性

Pacemakerクラスタのアップデート

Pacemakerで構築したHAクラスタシステムの運用開始後に、「Pacemaker自体」や「動作している一部アプリケーション」についてアップデートしなければならない状況が発生することがあります。

アップデートが必要となる主な理由として以下のようなケースがあります。
・アプリケーション脆弱性修正(セキュリティフィックス)
・アプリケーションの重大不具合修正(緊急ホットフィックス)
・アプリケーションの対象バージョンサポート期間終了 など

シングルで動作しているアプリケーションの場合は、「アプリケーション停止」→「アプリケションアップデート」→「アプリケーション再起動」のようなシンプルな手順でアプリケーションアップデート作業を完了できます。

しかし、Pacemakerなどのクラスタソフトウェアでクラスタ構成に組まれたアプリケーションをアップデートする場合には、入念な計画を立てて実施する必要性があります。

Pacemakerクラスタの「ローリングアップデート」

「ローリングアップデート」とは

クラスタ環境でのアップデート手法として「ローリングアップデート」があります。

ローリングアップデートは、各サーバを順番にアップデートしていくことでクラスタ全体をアップデートしていく手法で、サービス継続を維持したままクラスタシステム全体に渡ってアップデートできるというメリットがあります。

主な手順

「サーバ(A):プライマリ」と「サーバ(B):スタンバイ」というシンプルなクラスタ構成の場合、以下のような手順で2台のサーバに対してアップデートを実施します。
①「サーバ(B):スタンバイ」に対してアップデートを実施
②「サーバ(B):スタンバイ」を「サーバ(B):プライマリ」に昇格させる
※「サーバ(A):プライマリ」は「サーバ(A):スタンバイ」に降格
③「サーバ(A):スタンバイ」に対してアップデートを実施
④「サーバ(A):スタンバイ」を「サーバ(A):プライマリ」に昇格させる
※「サーバ(B):プライマリ」は「サーバ(B):スタンバイ」に降格

課題・懸念点

ローリングアップデートには、課題や懸念点が存在します。

アプリケーション互換性が崩れる場合は不可

ローリングアップデート前後の状態として、アプリケーション互換性が維持されている必要があります。

アップデート内容としてプロトコルやデータ形式に変更が加えられる場合は、この手法の採用は困難となります。

複雑なクラスタ構成の場合

複雑なクラスタ構成の場合は、多くのさまざまな要因が絡み合うこととなるため、非常に慎重にアップデート計画を策定する必要があります。

最後に

PacemakerでHA構成を構築した後でも、Pacemaker自体や対象アプリケーションのアップデートは必要になります。

一般的に、クラスタ構成のアップデートは複雑な手順が必要となるため、多くの経験に裏打ちされた高い技術力が必要となるケースが多々あります。

弊社にご連絡をいただければ、運用開始後のアップデートまで考慮したご提案も行えます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

参考元サイト