+0 - 0  by

Pacemakerでの「リソースエージェント」とは

クラスタソフトウェア「Pacemaker」で利用される「リソースエージェント」の概要について紹介します。

Pacemakerとは

Pacemakerは、一連のマシン間で関連する「サービス起動」と「サービス復旧」をコントロールするためのクラスタソフトウェアです。

Pacemakerの概要については、こちらも参照ください。

→クラスタ構成ソフトウェア「Pacemaker」と「Heartbeat」「Corosync」の関係性

「リソースエージェント」とは

リソースエージェント(Resource Agent)とは、クラスタリソースを管理する実行ファイルです。クラスタ管理ソフト(Pacemakerなど)が「リソース起動」「リソース停止」「リソース稼働監視」などに使用するプログラムです。

「クラスタリソース」とは

クラスタリソースは「クラスタが管理するすべてのもの」が対象になります。

代表的なリソース例

代表的なリソースとして、以下のように、さまざまな項目が該当します。
・仮想IPアドレス
・ファイルシステム—ハードディスク上のファイルシステム領域
・Webサーバ—Apache HTTP Server、Nginx
・メールサーバ—Sendmail、Postfix
・アプリケーションサーバ—JBoss、Tomcat
・データベースサービス—MySQL、PostgreSQL
・ディレクトリサービス—OpenLDAP
・仮想マシン全体 など

リソース管理標準「OCF(Open Cluster Framework)」

OCF(Open Cluster Framework)とは、リソース管理に関する業界標準です。OCF標準は、基本的にinitスクリプトのLinux Standard Base規則を拡張して作成されています。

Open Cluster Frameworkに準拠するクラスタ管理アプリケーションは、OCF準拠のリソースエージェントを使用してリソースを管理できます。

OCFクラスは「柔軟性が高い」「自己記述型」などの特徴があり、独自で任意のプログラミング言語での実装も可能です。

Pacemakerのリソースエージェント

Pacemakerは、Open Cluster Framework仕様に準拠したリソースエージェントを使用してクラスタリソースの管理を行います。

Pacemakerは、「稼働ノード優先順位」「リソース起動順」などの設定に基づいて、どのリソースをどのノード上で動作させるのかを動的に管理します。

また、リソースエージェントを実行して監視を行うことで、フェイルカウントにより「リソース停止」→「リソース切替」→「リソース再起動」を行います。

リソース設定

リソース設定では主に以下の4つを設定します。
①リソース定義・パラメータ設定
②リソース種類選択—プリミティブリソース、リソースグループ、クローンリソース、マスタ/スレーブリソース
③リソース制約—各リソースが起動するノードや順序のルールを設定
④クラスタ設定—スプリットブレイン時の動作設定

最後に

Pacemakerの構成においてリソースエージェントの設定は重要なポイントです。

弊社にご連絡をいただければ、Pacemakerを使用したHAクラスタ環境構築において、ユーザー様の環境に最適なリソースエージェント設定についてのご提案も行えます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

参考元サイト