+0 - 0  by

Microsoft Azureの障害・サービス停止を回避しよう

2017年3月31日にMicrosoft Azureの東日本リージョンのリソースに接続できない状態となりました。
米マイクロソフトの公式サイトによると、この障害の根本原因は、一部の拡張ユニットが冷却できない状態になったことだそうです。データ保護のために特定のストレージユニットとコンピューティングユニットが自動シャットダウンされました。

これにより、Azureストレージサービスと、ストレージを利用するAzure App Service (Web Appsなど)など多くのサービスが影響を受けました。

このような障害を教訓に、ユーザー側はクラウドサービスを使う際は障害が起こることを想定して自社システムの可用性を維持するための対策を講じておくことが重要です。

最近では、「単一のクラウドサービスにデータを預けるのはリスクがある」という理由から複数のクラウドサービスを併用する「マルチクラウド」という考え方も一般的になっています。

例えば、Azureに大規模障害が発生しても、AWS上でサービスを継続しよう、という考え方です。

DRBDは、そのようなケースにおいて、AzureとAWSの間で、データをリアルタイムに同期し、万が一AWSに大規模障害が発生した場合、AWS上でのサービス継続を可能にします。
https://www.3ware.co.jp/solution/disaster-recovery

ぜひご参考ください。

 

参考サイト:
http://ascii.jp/elem/000/001/462/1462133/

+ 0 - 0