+0 - 0  by

他ノードリソース制御機能「pacemaker_remote」とは

Pacemakerの他ノードリソース制御機能「pacemaker_remote」について紹介します。

Pacemakerとは

Pacemakerは、一連のマシン間で関連する「サービス起動」と「サービス復旧」をコントロールするためのクラスタソフトウェアです。

Pacemakerの概要については、こちらも参照ください。

→クラスタ構成ソフトウェア「Pacemaker」と「Heartbeat」「Corosync」の関係性

他ノードリソース制御機能「pacemaker_remote」とは

概要

pacemaker_remoteとは、Pacemaker本体で他ノード(実マシン/仮想マシン/コンテナ)上のリソースを制御する機能です。

pacemaker_remoteを使用すると、他ノードのリソースを実際のクラスタと同様に管理することが可能となり、高可用性スタックの従来のビューを拡張して、新しいレイヤーを含めることができます。

ユースケース

pacemaker_remoteサービスは、次のようなケースに対応できます。
・Pacemakerクラスタで仮想マシンリソースを管理したいが、Pacemakerがそれらの仮想マシン内に存在するリソースも管理できるようにしたい
・Corosyncの16ノード制限を超えて拡張したい

動作要件

pacemaker_remoteは、Pacemakerからの接続ホストの形で動作し、Pacemakerから接続を行います。

他ノード側には、Pacemaker本体は必要なく「pacemaker_remoteプロセス」と「リソースエージェント」が動作できる環境が必要です。

構成

クラスタノード

クラスタノードとは「CorosyncとすべてのPacemakerコンポーネントの高可用性スタックを実行しているノード」が該当します。

クラスタノードは以下の機能を提供します。
・クラスタリソース実行
・Pacemakerコマンドラインツールの実行(crm_mon/crm_resource)
・フェンシングアクション実行
・クラスタクォーラムカウント
・クラスタ指定コントローラ(DC)機能 など

pacemaker_remote

pacemaker_remoteは「ホストが完全なクラスタスタックを実行せずにPacemakerノードとして使用できるようにするためのサービスデーモン」です。Pacemakerのローカルリソース管理デーモン(LRMD:Local Resource Management Daemon)の拡張バージョンとして機能します。

pacemaker_remoteを実行しているノードでは、クラスタリソースと同様のコマンドラインツールを実行できます。しかし、「フェンシング実行」「定足数投票」「DC適格性」などの機能は実行できません。

リモートノード

リモートノードは「pacemaker_remoteを実行している物理ホスト」を指します。

リモートノードには、クラスタとの通信を管理する特別なリソースがあります。

ゲストノード

ゲストノードとは「pacemaker_remoteを実行している仮想ホスト」を指します。

Pacemakerバージョンサポート

pacemaker_remoteを使用する場合は、「Pacemaker 1.1.12以降」を利用することが推奨されています。

最後に

Pacemakerの拡張機能として利用できる「pacemaker_remote」を活用することで、より効率的なクラスタ環境を構築できるケースもあります。

弊社にご連絡をいただければ、「pacemaker_remoteを適用できるのか?」「適用すべきではないのか?」についてのご提案も行えます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

参考元サイト